Menu

グループホームで働く介護士の仕事内容

グループホームで働く介護職の仕事内容は、主にグループホームで生活している高齢者の生活を援助することです。そのため、日常的な生活で行われる掃除や洗濯、食事に関連したものはもちろん、排泄や入浴などに関する援助なども場合によっては行います。

ただし、老人ホームなどの入所施設と違う点は、これらの仕事の一部は入居している高齢者と一緒に行う点です。例えば掃除に関しては高齢者ができる部分は一緒に行ったり、洗濯や料理に関してもできないことだけを手伝うようにします。こうした日常的な作業は高齢者の自立につながりますし、役割を持つことで認知症の進行を止めることにも効果があると考えられています。

グループホームで働く介護職は、この他にも高齢者の介護予防や残存機能維持のためのリハビリも重要な仕事内容になります。具体的には、レクリエーションやイベントを通じて、筋力維持や脳の活性化を促進することです。さらに、医師や看護師と連携して高齢者の健康管理を行い、入所者の安心かつ安全な暮らしを支えなければなりません。また、入所者だけでなく、その家族に対してのサポートや相談も介護職の仕事に含まれるので、円滑なコミュニケーション能力や気配りがなければ務まりません。

ただし、要介護度が低い高齢者の入所が多いため、体力的な負担は少なく、身体介助の割合も少ない点は大きな魅力と言えるでしょう。そのため、これから介護業界で働きたいと思っている人におすすめの職場です。