Menu

手厚いケアができる介護施設について

介護の仕事をしていると「もっと利用者一人一人に寄り添って介助ができたらいいのに」と感じることもあるのではないでしょうか。そんな方は、グループホームで働いてみると良いかもしれません。グループホームは認知症の診断を受けた65歳以上の要介護者の方が利用する施設で、5~9人で1ユニットを形成するユニットケアを実施しています。

また、グループホームでは庭的な雰囲気を重視しており、自宅と変わらないような雰囲気の中で、自立を促すような生活を提供します。日々の生活では利用者の方も食事を作ったり、掃除や洗濯をしたり、機能訓練を行ったりして、活動的に過ごすことになります。したがって、夜はぐっすり眠れるようになり、夜間に騒ぐなどの問題行動を防ぐのに効果があるようです。したがって、グループホームでは、少人数制という特性を活かして一人一人にしっかりと寄り添える介護が行えます。

また、多くのグループホームでは、利用者が食べたいものがあれば、介護士は一緒に料理を作って食べたり、買い物に一緒にでかけたりもします。利用者の要望やニーズに柔軟に対応できる点は、グループホームならではの魅力でしょう。さらに、普段は寡黙なのに、植物の世話をする時は饒舌になったり、掃除や洗濯は苦手な方が料理だけは抜群に上手かったり、グループホームでは仕事を通して利用者の知らなかった一面を知ることもできます。そのため、親近感を持って接することができるのも、グループホームで働くときのポイントになります。